ものづくりblog

by baum-baum

( ´艸`) カワイイ~!!

c0220112_174852100.jpg

今日、スーパーで見つけた沖縄の“可愛いラーメン”

パッケージにやられ、3袋購入

( ´艸`) 可愛すぎ・・・・・

袋の中は、4袋にわけてあり

これがまた可愛い♪

シアワセ~

(○゚ε゚○) 子供達と食べよぉ~☆☆☆
c0220112_175315.jpg




ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノ


c0220112_8101065.jpg

【「わたしたちが岡山へ逃げてきた理由」木下黄太講演会 in 岡山】

◎日時:2012年6月16日(土) 14:00~16:00 (開場13:30)

◎会場:岡山市勤労者福祉センター (体育集会室)
    岡山市北区春日町5-6 TEL086-233-8311

◎料金:前払い800円 当日1,000円(中学生以下無料)

◎託児:受付終了
 ※近隣の一時保育をご利用ください。すぐ近くの保育園などであるそうです。

◎お申込み
 http://kokucheese.com/event/index/37227/

◎講師:木下黄太(ジャーナリスト)

◎講師プロフィール:徳島県出身。1999年、茨城県での東海村JCO臨界事故を直接
取材し、放射能の危険性を認識。2011年3月11日より、福島第一原発の事故にかかわ
る放射能汚染の問題を調査、取材、発信し続けている。

 ※木下黄太のブログ「福島第一原発を考えます」
  http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

◎講演内容
 ・福島第一原発事故後の取材を通じた体験談
 ・放射能による健康被害の実態
 ・岡山にすむ私たちは放射能とどう向き合うか
 ・被災地支援のために岡山は何ができるのか
 ・ガレキの広域処理について
 ・食べ物による内部被曝の問題
 ・その他質疑応答

◎主催者メッセージ
 私たちは、福島第一原発の事故による放射能汚染の影響を危惧し、この岡山で命と
健康を守る意思を共有するため、東日本からの移住者と地元住民とが協力し新規に立
ち上げた団体です。
 岡山県は放射能汚染から免れた安全な土地として、全国から非常に注目を集めてい
ます。放射性物質を含むがれきを持ち込ませることなく、岡山の安全な食材を被災地
に届けることや、地元の特色を活かし多くの移住者を受け入れることも、立派な支援
であると私たちは考えます。
 これからの日本の未来を考えるとき、岡山に住む私たちは放射能とどう向き合うべ
きか。被災地支援のためにどのような役割を担うべきか。市民が共に考えていくこと
が一番大切なことではないでしょうか。
 今回の講演会を、放射能汚染と被災地支援について、一人でも多くの方に関心を
持っていただくきっかけにできればと考えています。

◎お問い合わせ
 メール:info★rdp-okayama.net ★を半角の@に変えてください
 TEL:090-4170-0736 中山

◎主催:放射能防御プロジェクト 岡山

◎協賛:さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会/あかいわエコメッセ

◎後援:岡山市教育委員会/赤磐市教育委員会/財団法人おかやま環境ネットワーク
/山陽新聞社/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/産経新聞社/RSK山陽放送/
TSCテレビせとうち/OHK岡山放送/FM岡山
[PR]
by baum-baum | 2012-06-12 17:55 | スキなもの